新着情報

2016.01.31

遮熱塗料に対する需要が多い山梨地域

遮熱塗料は、地域と大きな関係があります。
特定の地域で、その塗料が用いられる事が多いのですね。

一般的には、南の地域は気温が高いとのイメージをお持ちの方も多いでしょう。
南国の方が、気温は高めだと思い込んでいる方も多いと思います。
そして前述の塗料は、建物の温度上昇を防止するために用いられるのですから、南国の地域における需要が多いと思う方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際にはそうではありません。意外に思われるかもしれませんが、山梨エリアでの需要が多いのです。
なぜならそのエリアの場合は、他の地域と比べると夏の平均気温が比較的高いのですね。

例えば山梨の北側のあるエリアなどは、過去に40度以上記録した事があります。
ちなみに8月に、その数字を記録しているのですね。
それと同じく山梨エリアの北西部でも、やはりかなりの気温を記録しています。
同じく40度以上なのです。
実は山梨エリアは、最高気温が40度を上回るケースも度々あります。
南国のエリアに比べると、そのような地域が比較的多く見られるのですね。
そして気温が高ければ、もちろん遮熱塗料に対する需要も高まる傾向があります。
ですので山梨エリアは、案外とその塗料に対する需要が多い訳ですね。

基本的には山梨の中央エリアにおける建物において、その塗料に対する需要が高まっている傾向があります。
東京に近いエリアの場合は、余りその塗料に対する需要は多くないようですね。
ましてここ最近の夏の気温は、年々高まっている雰囲気もあります。
去年の夏などもかなり気温が高めでしたが、やはりそれで塗料に対する需要も高まっていたようですね。
最近は温暖化も加速している雰囲気があるので、山梨エリアでの需要も今後は高まるのではないでしょうか。
ですが、このままでは山梨エリアだけの話しではなくなってくるでしょう。
北海道で全国一番の温度を記録したりする日もあるぐらいですから…
塗料について興味を持って頂けたならぜひ、一度、下記の業者さんのホームページをご覧になってみて下さい。

http://www.miracool.jp/about-miracool/

ページの先頭へ