新着情報

2017.02.10

プロのペットタクシーのありがたさに本当に感激でした

普段は動物病院に連れていくのには、自分の車に乗せて行くのですが、その時のうちの猫の場合かなりの下痢が続いていたので、しかも震え続けていたと言うこともあって、ケージに入れて連れて行くのはあまりに可愛そうだと思って、ペットタクシーを呼んだのです。

実は今までにはそこまで調子が悪かったことは無く、私としてもパニックを起こしてしまっていたのですね、抱きかかえたまま本当にどうすればよいのかと、もしものために控えておいたペットタクシーの会社の電話番号をプッシュするのがやっとでした。

ありがたいことにすぐに車が来てくれて、実はこの時も下痢が続いていてかなり匂いもしていましたし、勿論タオルやペットシーツなどでもカバーしていましたが、汚れもいささか外に漏れてしまっていて。
予備のシーツとかタオルとかも用意、汚れたものを入れるためのビニール袋も用意はしていましたが、ひょっとしたらこんな状況では断られてしまうかも、と思ったのも事実です。
以前にやはり、この猫がお腹を壊した時に、普通のタクシーを呼んで病院に行こうとしたのですが、座席が汚れるし車内に匂いが付くので申し訳ないが、と断られたことがあったのです。
その時に、もしものためにと調べておいたペットタクシーを、呼んだと言うわけですが。状況はその時よりもひどかったので、いくら専門のタクシーでも駄目かもしれないと一瞬思ってしまったわけです。

でもそんな心配は杞憂でした、さすがにプロの運転手さんは動じることなく迎え入れてくれて、目的地まで走る間も丁寧に運転してくれたのです。そして折に触れて、「ご心配でしょう、でも大丈夫ですよ」と声をかけてくれました。本当にこれはありがたかったです、不安で一杯でしたのでこの声掛けがかなり元気をくれました。
シーツなど社内で変えたりしたのですが、その時もちょっと気まずく「いいでしょうか?」と聞いたのに対して「勿論ですよ変えてあげてください」と答えてくださったのが、大変に嬉しかったです。
病院に着いてお支払いの時も、「早く元気になるんだよ」と猫に声をかけていただきました。
勿論運転手さんに大当たりしたと言うこともあるでしょうが、この時ほどペットタクシーを頼んで良かったと感じたことはありませんでした。
ちょっと身体の弱いうちの子ですので、その後もこのペットタクシーの会社にはお世話になっていますが、プロはやはり違うと毎回感じています。

http://www.pet-heartbin.com/

ページの先頭へ